屋上緑化で得られるメリットとは?

「屋上緑化」とは、屋上に草木などの植物を植えることです。植物の蒸散作用(根から吸い上げた水を葉から水蒸気として出すはたらき)によって周辺の気温が下がるため、近年都市部で問題になっているヒート・アイランド現象の緩和が期待できます。また、植物が太陽熱を遮ることで断熱効果が得られ屋内の気温が下がるほか、冬場には保温効果が得られるので、一年を通じて空調稼働率が下がり省エネにつながります。ほかにも、紫外線などが直接当たらなくなることでコンクリートなどの劣化を防いだり、一時的に雨水を貯めることで都市型水害を緩和したり、などさまざまなメリットがあるのです。

導入時にはここに注意

現在では、多くの自治体が屋上緑化に対する助成事業を定めていますし、メンテナンスに優れたものなど工法もいろいろあるようですが、導入時に注意するべき点もいくつかあります。建物は、屋上に荷重がかかることを考慮して設計されているものは多くはありません。土と水の重さで建物に影響が出る可能性もあるため、使用する土が軽量土かどうかの確認が必要です。雨が降れば土が流れ出す恐れもあります。土が排水路や排水口に詰まって水が排出されなくなれば、さらに重さが増して建物にダメージが及ぶ可能性が高まるため、排水路・排水口の維持メンテナンスが重要であることも覚えておかなくてはいけません。

それから根の対策。植物の根は想像以上に頑丈で、コンクリートにも容易に食い込んでいくといいます。建物自体の強度に影響を及ぼすことも考えられますが、防水シートでは根の浸食を止めるだけの強度は期待できないことが多いため、防根シートなどで一定範囲以上の浸食を抑える必要があるそうです。

屋上緑化は、ビルやマンションの屋上に植物を植えて緑化すること、あるいは屋上を緑化した状態を意味する言葉です。