絶対に必要な機械式時計のメンテナンス

機械式時計に限ったことではありませんが、時計は長く使い続けていれば様々な支障が出てきます。文字盤を覆う風防部分に傷がついたり曇ったりすると、時計として使えなくなってしまうでしょう。ベルトの汚れを放置していれば、カビが生える可能性もあります。また、機械式時計は様々な部品で成り立っており、その細かな部品がずれたり、ゆがんだりすると正確な時を刻むことができません。これらのことからメンテナンスが必要です。

専門家に依頼するべきオーバーホール

時計の本体内部のメンテナンスをすることを、特にオーバーホールといいます。オーバーホールでは、機械式時計のカバーを外し、ひとつひとつの部品を取り出して磨き、メンテナンスをしてから再び元に戻します。これは決して素人で行うことはできません。機械式時計の部品は、小さな時計であったとしても100を超える数があります。中には極小の部品で、鼻息で吹き飛んでしまうようなものもあるでしょう。それらを正確に磨き、元に戻すことは難しいです。そのため、専門家へと依頼することが必要となります。

オーバーホールにかかる費用

オーバーホールにかかる費用は、機械式時計の種類などによって変わります。安いものであれば5,000円程度でできる場合もありますが、高ければ5万円を超える場合もあります。複雑な仕組みやブランドの時計の場合は、特に高くなる傾向です。また、古い時計で部品の代わりがない場合でも、価格が高いでしょう。

オーバーホールをすべき期間

オーバーオールは、費用が掛かります。そのためどれだけの期間で行うべきかが問題となるでしょう。オーバーホールは毎年行う必要はありません。3年から5年程度に一度行うとよいでしょう。

世界三大高級時計ブランドの一つとして数えられるオーデマピゲは、1875年創業のスイスの老舗時計メーカーです。高い技術力と洗練されたデザイン性で、世界中の多くの著名人からも愛されています。