仕組みに大きな違いがある

通常のタバコの仕組みは簡単で、タバコに火をつけて煙を吸います。必要なのはタバコと火をつけるものだけです。しかし、電子タバコの仕組みはアトマイザーと呼ばれる部分でリキッドを蒸発させて、気化した蒸気を吸う方法です。電気がなければタバコを吸うことができません。そのため、電子タバコにはバッテリーが内蔵されています。バッテリーがなくなればタバコを吸うことはできないです。また、気化するまでに少し時間がかかるため、火をつけてすぐに吸える通常のタバコとはその点が違います。充電などの手間がかからず簡単に吸えるのは通常のタバコです。

健康への被害についての違い

通常のタバコは健康への被害を指摘されています。肺癌になるリスクなどを抱えているのは事実です。一方で、電子タバコは健康への被害をコントロールできます。ニコチンを含まないリキッドを使えばほとんど健康へのリスクを抱えることはないでしょう。電子タバコは蒸気を吸うことになりますので、蒸気に有害な成分が入ってなければ健康へほとんど影響はありません。通常のタバコであれば吸うだけで健康に被害があることを考えると、健康被害が少ないことは電子タバコのメリットと言えるでしょう。

煙の出方や味に違いがある

通常のタバコは煙が出ますが、電子タバコはほとんど煙が出ません。蒸気はすぐに消えてしまうので、漂うことがあまりないです。また、電子タバコの味はリキッドによって変えられます。フルーツ味など通常のタバコにはない味を楽しめるのです。煙が出ずに味がたくさんあることは電子タバコのメリットでしょう。

電子たばこに使うニコチンリキッドは日本では販売されていません。購入するには外国の業者から個人輸入で取引することになりますが、一回の購入で120ミリリットルが上限になっています。