見た目と動作のチェックは必須

中古の腕時計を買いたいときには、見た目のチェックが重要です。中古品なので傷やへこみ、錆びつきなどが考えられます。特に傷は大きなものは見つけやすいですが、細かいものは見つけにくいでしょう。細かい傷がないかをチェックするときには、腕時計を照明の光に当てて調べるのが効果的です。照明の光に当てることで、暗いところでは見えなかった傷が見つかることもあります。動作のチェックも重要になります。見た目の保存状態は良さそうでも、竜頭が使えないケースや付属の機能が使えないケースも考えられます。そのような不良品を選ばないためにも、見た目と動作をチェックしてから買うのが大切です。

装着させてもらうのも重要なポイント

服を買うときには試着する人も多いのではないでしょうか。試着してみたら、自分が思っていたよりもサイズが大きかったという経験をしている人もいるでしょう。それと同じように中古品の腕時計を買うときにも、お試しで装着させてもらうのが重要です。装着してみたけれど、思っていたよりも着け心地が悪いというケースもあります。女性の場合であれば思ったよりも腕時計が重くて使いにくいということも考えられます。購入してから装着感の悪さに気付いても遅いので、購入前に装着感のチェックをしましょう。装着感の良いものを買えば、毎日使っていても腕が疲れにくいというメリットが得られます。

保証サービスのある中古品を買おう

中古の腕時計を買うときには保証サービスが付いていないケースもあります。しかし、中古品なので故障のリスクも高いです。そのことを考えれば中古の腕時計を買うときには保証サービスの付いているものを選ぶのが良いと言えます。

IWCはInternational Whaling Commissionの略称であり、日本語で言うと国際捕鯨委員会のことです。国際条例に基づいた鯨資源の保存や産業の秩序ある発展を目的に設立されました。