煙草でもヴェポライザーでもない電子タバコ

ヴェポライザーや電子タバコや煙草と、色々な煙草がありますが特に注目されているのが電子タバコです。ヴェポライザーは煙草の葉っぱを使いそれを加熱して吸うので加熱式煙草と言われますが、電子タバコは煙草の葉っぱすら使いません。使うのはリキッドと呼ばれる液体で、その液体を加熱して出てくる蒸気を吸います。煙草の葉っぱを使わないので、ヴェポライザーや煙草とは一線を画すのが電子タバコという訳です。また、煙草の葉っぱを燃やして喫煙をすると、ヤニが発生してそれが歯に付着して、歯が黄色に変色することもありますが、電子タバコはヤニが発生しないというメリットがあります。ヤニを気にしなくて良いだけではなく、商品によってはニコチンが含まれない電子タバコもあり、普通の煙草を禁煙をするために利用する方もいます。

見た目も使い方も違う

その他の煙草と電子タバコの違いとしては、見た目の形状や使用方法の違いがあります。通常の煙草は煙草にライター等で火を付けて喫煙を行います。しかし、電子タバコは本体の電源をONにして使います。そのため、煙草のようにライターを別に持ち歩かなくてもよく吸いたくなったら直ぐに吸えるのです。見た目も煙草とは違っていて、紙巻たばこのように紙ではなく、煙草の形状に似た家電製品となっています。電気を使って水蒸気を発生させますので、電気を使って使用する点が普通の煙草とは大きく違うポイントです。また、電気については本体にバッテリーが内蔵されていて、USBケーブル等で充電して使用します。

ニコチンリキッドは日本では購入することが出来ません。海外のサイトなどから個人輸入する必要があります。